腸内フローラ ニュースポータルサイト 肌と腸内細菌について

肌と腸内細菌|Skin&Microbiome

東洋医学の理論では肌が内臓と密接な関係を持つ事を「肌は内臓の鏡」と言われ、 現代医学においても、腸内細菌である善玉菌は腸内の環境を整えるほか、様々なアレルギー症状の緩和や脳、肌、肥満等にも関係していることが分かってきています。

腸内細菌(マイクロバイオーム)」は大きく分けて3種類あり、生体にとって良い働きをする善玉菌、悪い働きをする悪玉菌。そして、そのどちらにもあてはまらない日和見菌。

【善玉菌の役割】

①悪玉菌の活動を抑える
②病原菌やウィルスへの抵抗力、免疫力をアップさせる
③食べ物の消化や吸収を助け、排便環境を改善する
④コレステロール値を低下させる
⑤肌(シワ等の)トラブルを解消、改善する
  
                                              など様々な作用があると言われています。
腸内フローラ


では、善玉菌を増やす為に何をすれば良いのでしょうか?ですが、これは食物繊維を積極的に摂る(食環境改善)と、
既に腸内に存在している「善玉菌」を増やす(活性させる)事を両方進めていくことが重要となります。
理由としては、食物から直接摂取した「善玉菌」は排出されてしまうのに対して、既に腸内に存在する善玉菌は増やしたり活性化することが出来るからです。

具体的にいいますと、腸内フローラ(マイクロバイオーム)にいる、善玉菌たちが元気にお花を咲かせられるように栄養(エサ)を届けてあげるのです。
その環境をはぐくむために効果的だとされる栄養は、エンテロコッカスフェカリスやオリゴ糖と言われています。
上記の栄養(エンテロコッカスフェカリスやオリゴ糖等)は、腸内に存在する善玉菌の「栄養(エサ)」になる為、腸内の善玉菌を活性・増殖・繁栄させる事がと考えられます。

しかし、昨日「オリゴ糖」をたっぷり摂取したから今週は大丈夫!!というような認識が一般的には多いのが現実です。
お肌が一日で作られないように、腸内環境も一度や二度の摂取では大きな環境変化は期待できません。
お肌のケアに寄り添うように、腸内環境ケアにも、しっかりと寄り添ってこそ、腸内美人、肌美人の道は開けるものと考えています。

マイクロバイオーム エンテロコッカス・フェカリス菌

↑ PAGE TOP