腸内フローラ ニュースポータルサイト 腸内細菌と食事

腸内細菌と食事|Food&Microbiome

腸内細菌(善玉菌)を増やす働きがあると言われる食品の種類は、
① 乳酸菌(系)を多く含む食べ物
② オリゴ糖を多く含む食べ物
③ 食物繊維を多く含む食べ物
                   といった3種の食品グループがあります。

これらには、既に腸内に定着している腸内細菌(マイクロバイオーム)(善玉菌)の増殖・活性を助ける作用があると言われ、
善玉菌が優勢に育つ環境作りに効果的な作用をしたり、腸内細菌(マイクロバイオーム)(善玉菌)の栄養源(エサ)になったりします。

乳酸菌を多く含む食べ物・食品

乳酸菌を多く含む食べ物・食品として、ヨーグルト、チーズ、納豆、お味噌、など。主として発酵食品に乳酸菌が豊富に含まれます。

善玉菌の代表格ともいえる乳酸菌を積極的に補うことで、もともと腸内に存在している善玉菌が好む環境に整え、結果的に善玉菌を増やす(活性する)ことに繋がります。
【食物繊維が善玉菌を増やす】
食物繊維を多く含む食べ物を積極的に食べることでも、善玉菌を増やす作用があると言われています。これは、食事などから摂取した食物繊維が腸内細菌によって分解されると有機酸が生成され、腸内環境を酸性に変える作用があり、悪玉菌の増殖を抑制し、善玉菌の優勢な環境へと整えるからです。
また、ご存じのように食物繊維には食後の血糖値が急激に上昇しないようにコントロールをしたり、余分なコレステロールが体内に蓄積されにくくする作用もあります。

加齢と腸内細菌バランス(マイクロバイオーム)

↑ PAGE TOP