腸内フローラ.com|腸内細菌のすごさを伝えられない「機能性表示食品」

腸内フローラ.com | 腸内細菌のすごさを伝えられない「機能性表示食品」

高齢化社会の命題である「健康寿命延伸」に影響を与える健康課題とされているのが「ニューロ」「メタボ」「ロコモ(ロコモティブシンドローム)」の領域だ。そして、これらの予防・改善につながると医療・栄養学の研究者が最近注目しているのが腸内環境の改善である。 腸内細菌の「メタゲノム解析」が可能になったことにより、腸内環境と全身の健康への影響が次々と明らかになり、国内外の医学界で“腸内細菌”への注目度が急速に高まっている。
人の健康に大きな影響を及ぼす腸内細菌

日本国内においても、最近盛んに腸内細菌バランスの改善による疾病治療の研究が行われており、日本のメディアでは「腸内フローラ」という言葉が大きな話題になっている。そのきっかけとなったのが今年2月に放送されたテレビ番組のNHKスペシャル「腸内フローラ 解明!驚異の細菌パワー」である。この番組の放送後、他のテレビ番組、週刊誌、雑誌等さまざまなメディアが「腸内フローラ」特集を組んでいる。 人間の腸内にはさまざまな菌が棲んでいる。腸内フローラとは腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)とも呼ばれ、腸の中に住む細菌たちの生態系のことを指す。フローラは「花畑」を意味する。花畑に花が咲き乱れているように、腸内にさまざまな細菌が生息しているイメージだ。 腸内細菌は1000種類以上あり、人間の腸には合計で1000兆個もの膨大な腸内細菌が棲んでいると言われる。どんな細菌がどれくらい生息しているか、その生態バランスは人によって異なる。 腸内細菌の中には、良い働きをする善玉菌もいれば、悪い働きをする悪玉菌もいる。それぞれの菌がどのような働きをするか、これまでほとんど分かっていなかった。だが、技術革新によって膨大な細菌の遺伝子解析が可能になり、どの細菌がどのような働きをするのか、新たな事実が分かるようになってきた。 人間の腸は非常にデリケートで、悪玉菌が産生する毒素により簡単に炎症を起こしてしまう。多くの人が便秘を経験していると思うが、実は便秘の本当の問題は、排便が滞ることではなく、腸が炎症状態にあるためその機能が低下することだと言われている。腸内細菌の影響はがんや糖尿病などの病気、肥満や肌のシワなどにも及ぶとされ、さらにはうつ病のような心の病気との関連もあると見られている。免疫機能を調整する作用もあるため、花粉症などのアレルギーを抑制する効果も期待されている。
現状では難しい大腸の奥の環境改善
日本では昔からヤクルト等の乳酸菌メーカーや、ヨーグルトを発売している乳業メーカーが「健康維持のために腸内の善玉菌を増やすことが重要である」とする啓発活動を、広告やPRを通じて積極的に行ってきた。 では、読者の皆さんは善玉菌が具体的にどんなメカニズムで私たちの体内の健康状態を維持改善してくれるのか知っているだろうか? 食生活の乱れや、ストレス等により腸内フローラの菌のバランスが崩れ、悪玉菌が増えて善玉菌が少ない状態に陥ると、「短鎖脂肪酸」(主に酢酸、プロピオン酸、酪酸)という物質の産生が少なくなる。 短鎖脂肪酸は、ヒトの大腸において、消化されにくい食物繊維やオリゴ糖を腸内細菌が発酵することにより生成される。生成された短鎖脂肪酸の大部分は大腸粘膜組織から吸収され、上皮細胞の増殖や粘液の分泌、水やミネラルの吸収のためのエネルギー源として利用される(「健康用語の基礎知識」ヤクルト中央研究所)。この短鎖脂肪酸こそが、人間の腸の状態を健康に保つために最も重要かつ必要な物質なのである。
また最近の研究では、腸内フローラの中でも大腸の奥の環境改善が非常に大事だということが分かってきた。 大腸内でも特に下行結腸(大腸の奥)においては構造上有用な細菌のエサが届きにくく、不足しがちである。短鎖脂肪酸が十分産生されなくなると腸内のpH値が上昇し環境が悪化し炎症状態となりやすい。さらに大腸の奥は毒素もたまりやすく、その毒素が血管、免疫系、神経系を通じて脳や全身に悪影響を与える事が分かってきた。大腸の奥の炎症による機能低下、ひいては潰瘍性大腸炎、大腸がんなどの原因ともなっている 。 それに対して現状の「プロバイオティクス」「プレバイオティクス」では大腸の奥まで届きにくいという課題が指摘され始めている。 善玉菌の数が少なく悪玉菌が多い状態から、腸内フローラのバランスを改善し環境改善をする方法として、日本では善玉菌である乳酸菌やビフィズス菌を飲料やヨーグルト等で取る方法が一般的だ。この腸内フローラのバランスを改善する生きた微生物を「プロバイオティクス」と呼ぶ。 これに対して、プロバイオティクスの働きを助ける物質を「プレバイオティクス」という。いわゆるオリゴ糖類や、食物繊維類など、大腸の善玉菌を増殖させたり、あるいは有害な悪玉菌の増殖を抑制する物質がそれにあたる。 乳酸菌・ビフィズス菌といったプロバイオティクスのなかで、生きて大腸の奥まで届く菌種は多くない。たとえ生きて大腸の奥まで届いても、その人の腸内環境に合わなければ、すぐに体外へと追い出されてしまう。また、水溶性食物繊維やオリゴ糖は上行結腸までしか届かないと言われており、確実に腸の奥まで届くプレバイオ素材が今求められている。 現状で大腸の奥まで届いているというエビデンスを持って訴求している素材、製品は世界的にも見あたらない。もしも他のメーカーに先駆けて、プロバイオ、プレバイオの魅力的なメカニズムにより新しい話題を提案できれば、アドバンテージを取れる可能性が高い。つまり、そこには短鎖脂肪酸による腸内環境改善というとてつもなく大きな新市場が広がっていると見られているのだ。 引用元:JBPRESS

↑ PAGE TOP