腸内フローラ.com|腸内フローラ解き明かせ 腸管で細菌は何をしているのか?

腸内フローラ.com | 腸内フローラ解き明かせ 腸管で細菌は何をしているのか?


一般的に腸内細菌群(腸内フローラ)のバランスを整えると、風邪や花粉症など、免疫に関わる病気を予防するといわれる。では、腸内フローラは、腸管で何をしているのか。近年その機能が明らかにされつつある。腸内フローラの働きは、肥満や生活習慣病にも関与している可能性があり、その全容が明らかになると創薬にも結びつく。
【腸内フローラの状態で肥満にもなる】

先頃、森永乳業や理化学研究所統合生命医科学研究センターの大野博司グループディレクターらの共同研究で、「ビフィズス菌BB536」を加えると、マウスの腸内でビタミンなどが増加する生理機能の一部が明らかにされた。 この研究で興味深いのは、「ビフィズス菌BB536」が単独でビタミンなどを作るのではなく、腸内フローラが反応して生理機能を活性化させている点だ。つまり、乳酸菌を飲んでも、腸内フローラの状態によっては、効果の得られる人とそうでない人がいる可能性がある。 「細菌の多様性の変化は、健康に影響を及ぼします。海外の研究では、肥満の人の腸内フローラの一部を家族に移植したところ、肥満になったといった報告もあり、多様性の変化を解明することが重要といえます」

こう話す大野氏は、長年、腸内フローラの生理活性や病気との関わりについて研究している。ビフィズス菌の作る成分が、腸管出血性大腸菌O157の感染を抑制することを明らかにするなど、新たな研究成果を上げ続けている。 「腸内フローラは100兆個以上の細菌から成り立っています。その遺伝子解析が明らかになった結果、生理機能もわかってきました。どのように腸内フローラのバランスが崩れると病気になるのか。逆に病気になると、腸内フローラのバランスはどう崩れるのか。その詳細を明らかにしたいと思っています」(大野氏)
【日本人の腸内フローラ解明がカギ】

人間の腸内は、生まれたときには無菌状態で、母乳を飲んでいる間はビフィズス菌が増え、離乳食の開始とともに大人型の腸内フローラが形成されていく。しかも、みそや納豆など発酵食品をよく食べる日本人は、他国の人と異なる腸内フローラを形成しているという。 「日本人の腸内フローラのパターンをきちんと解析できれば、免疫に関わる腸炎やアレルギー疾患、生活習慣病やがんなど、さまざまな病気との関係もわかります。予防や新たな薬の手がかりも見つけることができるのです。それが、理研の当センターの一つの使命だと思っています」(同) 他国では、人の遺伝子を解き明かしたヒトゲノム解析の後、腸内フローラのゲノム解析が国家プロジェクトで行われている。しかし、日本では研究者らが細々と行っているのが実情。腸内フローラに注目は集まっても、腸内フローラをどのように整えたらよいのかなど、科学的な解明にはまだ時間がかかりそうだ。 「生まれてから大人になるまで、さらには、健康な人と病気の人の腸内フローラについて、システマティックに解析していくことで、腸内フローラの整え方も明確になるでしょう」と大野氏は話す。未来の扉を開く研究は現在進行中だ。 
引用元:夕刊フジ

↑ PAGE TOP