腸内フローラ.com|一流の人が実践している「健康な腸」の作り方

腸内フローラ.com | 一流の人が実践している「健康な腸」の作り方


腸は、いま“旬”の臓器だ。腸が肉体的、精神的に与える影響の大きさが注目を集め、「第2の脳」などと言われている。しかし長年、腸の大切さを説いてきた私から見れば、「なにをいまさら」という気持ちもある。腸はむしろ「第1の脳」だ。腸には1億個以上の脳細胞が存在し、臓器のなかで唯一、脳から独立して機能する。腸の調子が悪いと一気に体力が奪われ、何もやる気がでないし、まともに活動することができない。それだけ腸が人間にとって重要な役割を果たしているということだ。
一流と呼ばれる人は、腸のコンディションもいい

私はこれまでいろいろな患者と接してきたが、アスリートでもビジネスマンでも一流と呼ばれるような人は、必ずといっていいほど腸のコンディションがいい。肉体はもちろん、メンタル面の安定にも腸が大きく関わっているからだ。腸のコンディションは、自律神経との関わりが大きいため、腸の調子が悪いとメンタルも弱ってくる。誰でも経験があることだと思うが、お腹をくだした状態だと精神的に不安定になる。私が便秘外来でみた多くの患者も、体調だけでなく、精神的にも大きなストレスを感じ、イライラしている状態になっていた。実は、うつ病の発生に関係があるといわれる脳内物質セロトニンは、その95%以上が腸で生成されている。腸がいい状態に保たれていれば、自律神経のバランスがよくなり、精神的にも落ち着いた状態になる。便秘外来と心療内科の両方に通っていた患者が、腸が良くなったと同時に、性格が丸くなり、精神的な問題も解決したという例も少なくない。ちなみに腸が整い、血流が安定すると、肌ツヤもよくなり、見た目が若々しくなるという効果もある。 では、腸のコンディションを整えるには、どうすればいいのか?それは決して難しいことではない。まず内側の問題でいえば、発酵食品と食物繊維をきちんと摂取すること。発酵食品でいえば、納豆、ヨーグルト、味噌などを毎日意識的に体内に取り入れること。私の場合、毎朝ヨーグルトを200g食べるようにしているが、理想的には、複数の発酵食品を食べたほうが腸の働きにいい影響を与える。 難しいのは食物繊維だ。1日の摂取目安である20gは、レタスでいうと8個分にあたる。これを食事だけで摂取するのはかなり大変なので、私の場合、サプリメントを使うようにしている。発酵食品と食物繊維を意識的に摂るようにすれば、2週間ほどで体調がよくなるはずだ。
「毎日」続けることが重要

もうひとつ、外側からの刺激も大切だ。毎日30分ほどはウォーキングしたり、簡単なストレッチをするだけで、腸の動きは活性化する。決してハードなトレーニングをする必要はない。むしろ毎日続けることが重要なので、無理のない範囲でおこなうことをオススメする。最近はランニングをする人が多いが、あまりよくないのは朝食前に走ること。運動をするなら、きちんと朝食を摂って、腸が目覚めてから。腸が寝ている状態で刺激を与えてしまうと、むしろ逆効果で腸の調子を崩しかねないから要注意だ。 またデスクワークで座りっぱなしなど同じ姿勢が続く人は、4〜5時間おきに簡単なストレッチをして腸を動かすことをオススメする。姿勢が同じ状態で固まったままだと、腸の動きも悪くなる。たまに立ち上がって、腰をまわしたり、背中を伸ばしたりして、腸に外側から刺激を与えたい。 いまの季節、夏バテ予防にも腸の活性化が重要だ(編註:本稿は2015年8月発売の『GQ JAPAN』に掲載したコラムです)。重要なのは水分の補給。最低でも1日に1.5リットルの水を飲み、脱水状態を避けること。尿の色が濃いのは、脱水状態にあるサイン。意識的に水分を補給して腸を整え、さらに腹を冷やし過ぎないようにすれば、夏バテにもならないだろう。 腸が整えば、人生はうまくいく。肉体的、精神的に調子が悪いと感じている人は、腸を整えることからはじめてみてはどうだろうか。
引用元:東京経済ONLINE

↑ PAGE TOP