腸内フローラ.com|腸内フローラ よい腸内環境を知るカギは「便通」「残りかす」「臭い」

腸内フローラ.com |腸内フローラ よい腸内環境を知るカギは「便通」「残りかす」「臭い」

ここ数年、世界各国で「腸内環境」「腸内細菌」にまつわる研究論文が次々と発表されているが、どの論文も「よい腸内環境」の重要性を説いている。

では、一体どのような状態がよい腸内環境なのか。栄養療法の専門医であり、腸内環境にも詳しい新宿溝口クリニック院長、溝口徹医師に話を聞いた。

「よい腸内環境」とは「善玉菌優勢のバランス」

溝口医師によると、「よい腸内環境」とは「小腸から直腸まで広範囲に分布する腸内細菌が、それぞれの部位で特徴的な種類と割合のバランスを保ち、善玉菌優勢になる」状態だという。

善玉菌とは医学的な用語ではないが、文字通り、人体の健康維持に貢献してくれる腸内細菌のことだ。その反対に、害を及ぼすのが悪玉菌だ。

例えば、胃に近い小腸は胃酸の影響を受けるため、比較的に酸に強く、好気性と嫌気性両方の性質を持つ善玉菌、「乳酸菌」が多く存在する。大腸は小腸とは逆の環境となり、嫌気性の「ビフィズス菌」の割合が多い。

こうしたバランスを保つうえで、溝口医師がまず大切だと指摘するのが、胃の状態だ。

「胃酸分泌により食材由来の細菌を減らす、一定の酸性を保つなど、胃の働きは重要です。胃酸分泌が低い人や薬で胃酸分泌を抑制されている人などは腸内環境が悪くなります。こうした薬を使用する場合は短期間にとどめ、他の治療法を検討すべきでしょう」

もちろん、腸の状態も重要になる。悪玉菌を抑えるため、ストレスや精製された糖質、ジャンクフードは避ける。抗生物質の多用も腸内フローラを乱す可能性があるという。

そして、欠かせないのが、善玉菌を元気にするために、プロバイオティクス、プレバイオティクスを積極的にとることだ。

プロバイオティクスとは「腸内細菌叢のバランスを改善することにより人に有益な作用をもたらす生きた微生物」のことだが、その微生物を含む食品、ヨーグルトや乳酸菌飲料もプロバイオティクスとみなされる。

プレバイオティクスとは、上記の微生物の栄養源となり、それらの増殖を促進する食品成分だ。オリゴ糖(ガラクトオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、大豆オリゴ糖、乳果オリゴ糖、キシロオリゴ糖、イソマルオリゴ糖、ラフィノース、ラクチュロース、コーヒー豆マンノオリゴ糖、グルコン酸など)や食物繊維の一部(ポリデキストロース、イヌリン)がプレバイオティクスとしての要件を満たす食品成分として認められている。
腸内の環境はどうやって知る?

ところで、自分の腸内環境はどのように確認すればよいのだろうか。腸の中は簡単に覗ける場所ではないが、簡易的に状態を知る方法はいくつかあると溝口医師はいう。

「まずは便通です。基本的に腸内環境が良好であれば、1日1回程度、定期的に自然な排便があります」

便そのものも目安になる。食物の残渣(残りかす)が多い、便が臭い(腐敗臭が強い)場合は、腸内環境が悪化している可能性が高い。

また、特定の食材を食べるとおなかにガスがたまったような膨満感があったり、下痢をしたり、といった症状も腸内環境の悪化によって引き起こされていることがある。食後のおなかの調子を気にしてみる、というのも腸内環境を知る手段になるのだ。

「海外に注文する必要がありますが、腸内細菌の種類と量や、腸の粘膜の炎症の状態がわかる便検査など、詳細な腸内環境を知る方法もあります。腸内環境に非常に気を使っている、という方は使ってみてもよいのではないでしょうか」(溝口医師)[監修:溝口徹 新宿溝口クリニック院長]
引用元:(Aging Style)

↑ PAGE TOP