腸内フローラ.com|腸内環境正常化に必要な4Rとは

腸内フローラ.com |腸内環境正常化に必要な4Rとは

最近は、腸内環境に注目した健康法や製品が増えるようになりました。腸は、第2の脳や免疫の7割を担っている、体内デトックスの6割を担っているなど、私たちの体にとって本当に大切な臓器です。そんな腸がしっかり活動できるように腸内環境を良くする法則”4R”をご紹介いたします。

・REMOVE:除去する

まずはじめに、腸にとって悪影響を与えるものとして、アルコール、カフェイン、薬のような刺激物、アレルギーや炎症、感染症の原因となる食品類をできるかぎり避けるようにしましょう。その他にもグルテン、乳製品、トウモロコシ、大豆、卵、砂糖など炎症の原因となる食品類を体の状態を見ながら2週間以上控えてみましょう。そうすることで、腸だけでなく他の不調も改善することがあります。これは食べ物によるアレルギーの可能性が高く、子供の時の食物アレルギーとは違い大人になってからの食物アレルギーは、似たような食材を食べ続けていることで起こります。このときに分かった食材について注意して生活して、まずは腸を整えてみましょう。

・REPLACE:補う

消化に必要な消化酵素、胃液、および胆汁がダイエット、胃薬、疾患または加齢によって減少している時は消化・吸収を助ける成分を補うようにすることが大切です。酵素ドリンクを用いたファステイングは体内の酵素を節約する代わりに酵素ドリンク内の酵素を用いて栄養を分解し体に取り込むことができます。腸を休ませてあげることになるのです。

・REINOCULATE:植菌する

今では菌活という言葉ができているほど、食生活の欧米化、ストレス、加齢によって減少してしまった乳酸菌、ビフィズス菌、酪酸菌などの善玉菌を増やすことです。そのバランスを維持する事は大変重要です。ビフィズス菌及び乳酸菌種などを含むヨーグルトやサプリメントを摂取して菌を取り入れるだけでなく、善玉菌の成長や活性化したりするのを助けるオリゴ糖や食物繊維を一緒に摂ることを薦めます。これをシンバイオティクスと言います。

・REGENERATE:再生する

腸の修復を助けるアミノ酸に、L-グルタミンがあります。アミノ酸は他の重要な栄養素である亜鉛、オメガ-3、ビタミンA、C、Eと共に腸の活性化を促します。これにより、腸内の粘膜の傷を修復することで毒素を体内へ侵入しにくくなり、アレルギーや気になっていた不調が改善することがあります。

いかがでしたか?腸をキレイに保つことは、健康だけでなく美容にもつながり、肌荒れや吹き出物を防ぎます。女性の便秘の悩みもなくなりさらに生活しやすくなります。是非、今日から腸を気にした生活してみてくださいね。

提供:WomanNews

↑ PAGE TOP