腸内フローラ.com|遺伝子組換した腸内細菌入りの水を1回飲ませるだけで長期間にわたり肥満を予防する実験にマウスで成功

腸内フローラ.com | 遺伝子組換した腸内細菌入りの水を1回飲ませるだけで長期間にわたり肥満を予防する実験にマウスで成功

食物アレルギーは、わが国の乳幼児の1割、学童期の5%程度に見られる極めて有病率の高い病気だ。 ただこれはアレルギー症状まで発展する率だ。食物への免疫反応そのものは、実に3割に近い幼児で成立すると米国の研究により分かっている。
しかし、なぜ同じ食べ物を摂取して、一部の子供にだけアレルギーの症状が出るのか実はよく分かっていない。

食物アレルギーが出る理由は?
最初は、遺伝的な体質の差と考えられていたが、徐々に環境の重要性が認識されるようになった。
例えば、母乳により食物アレルギーを防げるとか、帝王切開による出産児はアレルギーが多いなどを報告する研究も数多く見られる。
最近では、大人のアレルギー疾患と腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)との関係が分かってきた。乳児も同様ではと研究が始まっている。

赤ちゃんを調べてみた
今回紹介するカナダ・アルバータ大学からの論文は、生後1年目に食物アレルギーと腸内細菌叢との関係を調べた論文だ。 アレルギー分野の専門誌、クリニカル・アンド・エクスペリメンタル・アラジー誌2月号に掲載された。
タイトルは「幼児のマイクロバイオームと食物感作:生後1年目での関連(Infant gut microbiota and food sensitization: associations in the first year of life.)」だ。
研究では166人の乳児について、1歳時点で牛乳、卵白、大豆、およびピーナッツに対する皮膚の反応を調べた。 さらに3カ月齢、および1年目に便を採取して、存在する腸内細菌を調べている。

腸内細菌の多様性が乏しい
さて結果だが、まず166人追跡すると、1年目で12人がテストに使った食物に反応した。確かに異物に抵抗するための免疫は高い割合で反応しているようだ。
次に、免疫が成立した子どもの腸内細菌叢と、成立しなかった子どもの腸内細菌叢を比べている。 免疫が成立している子どもの細菌叢は多様性が見られなかった。圧倒的にエンテロバクテリアセエ(Enterobacteriaceae)と呼ばれる種類で占められている。一方、普通なら最も優勢のバクテロイダセエ(Bacteroidaceae)は極端に低い。
ただ、1年目になるとこの差は縮小し、詳細に見ると確かに腸内細菌叢の構成は異なっているが、差はほとんどなくなることが明らかになった。

離乳食前が大切
この結果から、離乳食が始まる前の腸内細菌叢が影響力を持つという結論を導いている。最終的に平均値へと戻っていくと明らかになった。
恐らく次の段階は、離乳食前に腸内細菌叢を調べてアレルギーの危険性を診断。その上で腸内細菌叢を正常化したり、食物の摂取法を工夫したりすることが考えられるだろう。本当にアレルギーが抑えられるか調べることになる。
また改めて、腸内細菌も体の一部であることを実感した。

文献情報
Azad MB et al. Infant gut microbiota and food sensitization: associations in the first year of life. Clin Exp Allergy. 2015;45:632-43.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25599982


引用元:Medエッジ

↑ PAGE TOP