腸内フローラ.com|潰瘍性大腸炎 腸内細菌移植療法で治療後半年で症状改善例も

腸内フローラ.com | 潰瘍性大腸炎 腸内細菌移植療法で治療後半年で症状改善例も

潰瘍(かいよう)性大腸炎は、年々患者が増加し、現在は13万人以上いると推計されている。ストレスや食生活の欧風化といった様々な要因が重なることで発症し、20~30代が発症のピークだ。  近年、潰瘍性大腸炎をはじめとする過敏性腸症候群、炎症性腸疾患、感染性腸炎などの原因として、腸内細菌が関わっていることがわかってきた。腸内細菌は、大腸だけでも約1000種類120兆個いるといわれ、重さは約1キロにもなる。細菌のDNAを調べる次世代シークエンサーという方法が開発され、細菌の種類や存在する割合が分類できるようになった。  順天堂大学付属順天堂医院消化器内科の石川大助教に話を聞いた。 「腸内は、いろいろな菌が存在する多様性が望ましいのですが、潰瘍性大腸炎では特定の菌が異常に増えたり、減ったりしてバランスが悪くなっています。多様性がなくなっている腸を健常者のようにバランスを整えることで治療するという考え方が、腸内細菌移植療法です」  人間の腸内は、地域によって環境や食物が違うため、腸内細菌の集団であるフローラも地域特有のバランスが保たれている。腸内細菌は、腸管から栄養を吸収する一方で、病原体の感染を防ぐなど、免疫系にも重要な働きをしている。このように、人間と腸内細菌は共生の関係にある。  潰瘍性大腸炎では、腸内フローラのバランスが非常に乱れていることが多い。そこで乱れた腸内フローラを正常にすれば、回復するのではと始められたのが腸内細菌(便)移植療法だ。欧米では、すでに一般的に実施されているが、2014年に日本でも臨床研究が始まった。 現在、国内で実施されている腸内細菌移植療法は、配偶者や2親等以内の健康な人の便を移植する。事前に生理食塩水と混ぜ、フィルターでろ過し、大腸内視鏡で患者の大腸の奥の方に注入する。200グラムの便の中には、相当数の腸内細菌が存在していると思われ、それを直接、移植してバランスの乱れを直す。 「私の臨床研究では、腸内細菌移植の前に、3種の抗生剤を2週間服用する抗生剤療法を併用しています。この治療でも潰瘍性大腸炎への治療効果が証明されています。事前に腸内細菌をリセットし、その後、移植することでより効果的に腸内細菌フローラが定着し、異常な免疫作用に刺激を与え、回復に向かうのではと考えています。事実、この治療で治癒した患者の中には、アレルギー体質が改善した例もあります」(石川助教)  昨年からの臨床研究で、20例が治療を受けた。特に中等度から軽症では治療後2~3週間で効果が表われ、半年後には下痢などの症状が改善している例もある。  移植による感染などを防ぐため、提供者の健康状態や便に含まれる有害な細菌やウイルス、寄生虫などのチェックを厳しく行なっている。最終的には30例に実施して有効性を確認する予定だ。 ■取材・構成/岩城レイ子 ※週刊ポスト2015年4月10日号


引用元:ポストセブン

↑ PAGE TOP