腸内フローラ.com|バランスの良い腸内フローラで長生き、100歳以上の腸内細菌が明らかに

腸内フローラ.com | バランスの良い腸内フローラで長生き、100歳以上の腸内細菌が明らかに


長寿の人と腸内フローラのバランスとの間に関係性があるようだ。

中国、広西大学のF・ワン氏らの研究グループが、ジャーナル・オブ・ミクロバイオロジー・アンド・バイオテクノロジー誌において2015年4月3日に報告している。

100歳以上の腸内微生物叢が明らかに


腸内フローラ、腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)。いずれも腸内細菌の集まりを指す言葉。海外ではマイクロバイオームという言葉が一般的。酵母やカビ、ウイルスなども含めた微生物叢(びせいぶつそう)という見方もある。日本でも注目が集まっている(腸内フローラとは?デブ菌、人工甘味料、抗生物質の問題が関係を参照)。腸内フローラは健康や長寿を支えることが分かりつつある。しかし、腸内微生物叢の組成が長寿にどのような影響を与えるのかについては、十分に明らかにされていない。

研究グループは、中国で暮らす100歳から108歳、85歳から99歳、80歳から92歳の腸内フローラを対象として、遺伝情報を分析する「シーケンシング解析」を行った。さらに、どれくらい食べているかを調べるアンケートを行い、食事についても調べた。

多い腸内細菌と少ない腸内細菌


その結果、腸内フローラの内訳に特有のバランスがあると分かった。多いのは、ロゼブリアと大腸菌。少なかったのは、乳酸菌、フェカリバクテリウム、パラバクテロイデス、コプロコッカス、メガモナス、ミツオケラ、ステレラ、アッカーマンシア。

3つの年齢層についてそれぞれの特徴やグループ間の似ている程度を調べたところ、3つのグループにおいて年齢と食事に差があると分かった。

特に長寿や食事と関係するものも


分析の結果として、年齢に関連する要素として33要素が挙げられ、食事に関連しては34要素が挙げられた。特に年齢に関連する要素としては、ルミノコッカス、クロストリジウム、ラクノスピラがあり、ルミノコッカスとクロストリジウムが100歳以上のグループで増えていた。

一方で特に食事に関連する要素は、バクテロイデス、ラクノスピラ、ルミノコッカスがあり、食物繊維の多い食事ではバクテロイデスとラクノスピラは減り、ルミノコッカスは増えていた。

腸内フローラのバランスを整えると、健康な長寿にもつながるのかもしれない。


文献情報
Wang F et al. Gut microbiota community and its assembly associated with age and diet in Chinese centenarians.J Microbiol Biotechnol. 2015 Apr 3. [Epub ahead of print]


引用元:Medエッジ

↑ PAGE TOP