腸内フローラ.com|腸内フローラの驚異的万能性を手に入れる方法

腸内フローラ.com | 腸内フローラの驚異的万能性を手に入れる方法


このところ話題の「腸内フローラ」という言葉をご存知だろうか? この2月にはNHKスペシャルでも取り上げられたほどだが、まだその実態を詳しく知らない人のほうが多いはず。

人間の腸内には様々な菌が棲んでいること、それらをおおまかに善玉菌・悪玉菌と呼ぶことはあまり健康に関心のない男性でもご存じだろう。腸内フローラとは、腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)とも呼ばれる、腸の中に住むこれら細菌たちの生態系のことをさす言葉である。

腸内菌は100種類以上、個体数でいえば約100兆個にもなると言われる。それらの出す化学物質が想像以上に人間の健康や美容に大きな影響を与えることがわかってきた。件のNHKスペシャルによれば「腸内フローラはワクチンの開発や抗生物質の発見に匹敵するインパクトを持つ」との見方もあるようだ。

少々大げさだろうか? 腸内菌の影響はがんや糖尿病などの病気、肥満や肌のシワなどにも及ぶとされ、さらにはうつ病のような心の病気との関連もあるとみられている。免疫機能を調整する作用もあるため、花粉症などのアレルギーを抑制する効果も期待されている。ならば腸内フローラの研究は、現代医療のブレイクスルーとなりうる一大分野と考えてよさそうだ。

食生活の改善、ストレス・睡眠不足撃退…ごく普通の健康的な生活がカギに


一般人である私たちは、腸内フローラをどう意識し改善すればよいのだろうか。腸内ではいわゆる善玉菌と悪玉菌が激しい生存競争を繰り広げている。単純に考えれば、善玉菌を優勢にし、そのバランスを維持できればよい。

そのためには肉食過多の食生活を改め、ジャンクフード類は控えめにし、バランスのとれた食事でビタミン・ミネラル・食物繊維を十分に摂るといった、ごくごく普通の健康によい生活を送ることが一番だ。むろん過度のストレスや睡眠不足も大敵である。しかしそのような普通の健康的な生活が大半の社会人にとって難しいからこそ、生活習慣病や心の病、慢性疾患に悩む人が多いことは想像に難くない。

ではどうすればいいのか? 発酵食品やサプリメントを摂ることで、善玉菌やその活性化に必要なオリゴ糖を体内に取り入れることは可能だし、腸内フローラの調整には有効な手段だ。これらの食品は昔から身体によい、お通じに効くとされてきたもので、日常的に摂っている人も多いことだろう。

ただ、腸内フローラの研究によるブレイクスルーが訪れるのはまだ先のことだろう。それまではなるべく健康的な生活を心がけ、発酵食品やサプリなどを適度に摂りつつ、自分の腸内環境に思いを馳せるしかなさそうだ。


引用元:ダイヤモンド

↑ PAGE TOP