腸内フローラ.com|注目の「腸内フローラ」でダイエット&女性の内部環境も改善

腸内フローラ.com | 注目の「腸内フローラ」でダイエット&女性の内部環境も改善


腸内に咲き乱れるお花畑「腸内フローラ」って、何ですか?


  最近話題のダイエットワードといえば、「腸内フローラ」
  私たちの体には100兆もの腸内細菌・マイクロバイオームが生息していて、その様子を顕微鏡で観察するとお花畑に似ているため「腸内フローラ」と呼ばれています。人の腸内フローラ数百種類の細菌で構成されていて、その重さは約1.5キロ。1回の便の3分の1が、この細菌の死骸で構成されているといわれています。
  【腸内環境を構成する細菌をチェック!】
 
  「善玉菌」……ビフィズス菌や乳酸菌など。感染予防・免疫機能増強・整腸・高血圧抑制・コレステロール低下などの、一般に体に良いとされる作用がある。

  「悪玉菌」……ボツリヌス菌・ウェルシュ菌など、病原性を持っていることが多い菌群。増殖すると病気になりやすい。

  「日和見菌」……善玉菌と悪玉菌のどちらにもなる可能性がある。バランスが優勢になった方に加勢する。

  腸内細菌の種類は多い方が多様性に富むため良く、理想的な腸内細菌バランスは、「善玉菌2 : 悪玉菌1 : その他7」とされています。

  腸には人間の免疫システムの70%が集まっているため、このバランスが崩れると、免疫力が低下。下痢や便秘、潰瘍性大腸炎の原因になったり、アレルギーや皮膚トラブルの原因にもなるともいわれています。

さらに、肥満の人の腸内には痩せている人に多い細菌が少ないことがわかっていて、腸内環境を改善することが肥満改善に有効なのではないか、と注目されています。

 

腸内環境は、女性の膣内環境にも影響を及ぼしていた!!


    肥満・メタボだけでなく糖尿病といった生活習慣病、うつ病にまで効果的といわれている腸内環境の改善ですが、効果があるのはそれだけではありません。

  女性の膣の中の善玉菌の数と腸内の善玉菌の数が、比例関係にあるというのだから驚きです。

  膣内環境が悪化すると、痒くて不快なカンジダ菌などの膣内悪玉菌が繁殖。悪臭をまねくだけでなく、トラブルも引き起こします。
 
だんだん気温も高くなり、心も体も開放的になる、春と夏。 季節の変わり目は腸内バランスを崩しやすい時期でもありますよね。毎日の腸内細菌のお手入れで、綺麗でスリムなボディと膣内環境を手に入れましょう!

 

ポイントをチェックして、内部環境を改善しよう!


腸内環境を正常に保つカギは「悪玉菌よりも善玉菌を増やすこと」です。

このバランスを整える生活のポイントをチェックしてみましょう。

  1.食物繊維を多く摂り、バランスの良い食事をする
  2.添加物の多い加工食品・インスタント食品を控える
  3.食後は安静に
  4.1日1万歩を目安に運動

  3にある「食後は安静に」というのは、食後は腸に血液が集まり、細菌が活性化するためです。食後に運動をすると、腸内細菌の活動が妨げられてしまいます。

さらに、食事面で気を付けたいポイントもチェックしましょう。

  1.善玉菌を含む食品を摂る
  ……ビフィズス菌・乳酸菌を多く含む食品を摂ることが、善玉菌を増やすことにつながります。ビフィズス菌が含まれるものにはヨーグルトや乳酸菌飲料があります。キムチや糠漬け、味噌、納豆、チーズといった発酵食品もオススメ。

  2.善玉菌の栄養源を摂る
……もともと腸内にいる善玉菌を増やすためには、エサとなるオリゴ糖や食物繊維を与えてあげましょう。バナナ、大豆、アスパラ、タマネギ、ゴボウ、はちみつなどがオススメ。

  3.納豆菌を多く含む食材を摂る
……オリゴ糖を多く含む大豆であり、発酵食品でもある、納豆。実は納豆菌には悪玉菌を殺す働きもあるんです。1日1食、納豆を取り入れてみましょう。

  ――腸内環境を整えるためには食生活の改善も必要ですが、ストレスを溜めない工夫も必要です。適度な行為を適宜行い、1日のモヤモヤを解消して、スッキリとした腸内環境を手に入れましょう。


引用元:アメーバニュース

動画ニュース



医学博士 藤田紘一郎氏 「腸内細菌の働き」

Site Name

腸内フローラ.com(マイクロバイオーム.com)

↑ PAGE TOP