腸内フローラ.com|腸が体調に与える影響 腸内環境が悪い人ほど不安や疲労感を訴える傾向

腸内フローラ.com | 腸が体調に与える影響 腸内環境が悪い人ほど不安や疲労感を訴える傾向

腸内環境こそが健康を左右する――。これはもう常識と言っていいのかもしれない。今やメディアで「腸内環境」や「腸内フローラ」の文字を見ない日はないほどだが、腸内環境が日々の体調だけでなく、受験や恋愛、就職など、人生の様々な重要局面に影響を与えているという"事実"は、どれだけ知られているだろうか。
  日本で初めて「便秘外来」を開設し、自律神経研究の第一人者としても知られる順天堂大学医学部の小林弘幸教授と、ヨーグルトなど乳製品メーカーのダノンジャパン(東京都目黒区)は、腸内環境が人間の性格、生活行動などに与える影響を明らかにしようと、20~50代の女性800人を対象に実態調査を行った。
  腸内環境の悪化をセルフチェックできる8項目

まず腸内環境をチェックするため、以下の8項目を質問した。
「下腹部に張りを感じる」「おならが臭い」「おならが出る」「力まないと排便ができない」「排便が定期的ではない」「下痢を繰り返す」「腸の不快感(残便感やゴロゴロしている)」「腹部の不快感(ガスが溜まっている)」 この質問に対して「はい」の回答が多いほど、腸内環境が悪化している可能性が高い。調査対象の800人は①3~4個(24.9%)②5~6個(24.6%)③1~2個(21.6%)④7~8個(15.6%)⑤0個(13.2%)という結果だった。腸内環境が良好な可能性が高い「0個」は1割台、逆に5個以上は4割台に達するなど、腸内環境に問題を抱える人は決して少数派でないことが浮き彫りになった。
  次に「日曜など休日の夕方に感じる落ち込みや不安」いわゆる「サザエさん症候群」の自覚を質問してみると、腸内環境の悪い「7~8個」(15.6%)のグループは「あてはまる」「どちらかといえばあてはまる」の回答が52.3%と過半数に達した。逆に環境良好の「0個」(13.2%)は27.2%にとどまった。 「落ち込み・不安」を感じる「曜日」は、腸内環境の状態にかかわらず「月曜」が日曜を抜いて最多となった。要するに「ブルーマンデー」というわけだが、「7~8個」のグループは月曜に約7割が落ちこみを覚え、翌火曜になっても約3割は不安が持続していた。一方、「0個」のグループは月曜でも約4割と低く、火曜も不安を引きずる人は約1割に減少した。どうも腸内環境が悪い人は「毎日がサザエさん症候群」という日々を送っているようなのだ。 また「7~8個」のグループは朝や夜に6割近くが落ち込みや不安を覚えるのに対し、「0個」は3割以下。「いつも疲労を感じている」という回答は前者が25.4%に対し、後者は6.4%、「内向的な性格にあてはまる」は26.2%と12.7%、「不安があり、時にはいてもたってもいられなくなる」は20.8%と5.5%と、いずれも腸内環境の悪いグループは、腸内環境が良いグループと比較してネガティブな回答が上回ることが明らかになった。 受験や就活など人生で「勝負」を求められる局面において、普段から落ち込みや疲労感を抱えたまま挑むのは、どう考えても不利だろう。たとえ不合格だったとしても、気力が充実していたのなら諦めもつく。メンタルヘルスと腸内環境はどんな関係があるのか、小林教授が解説する。
リラックスホルモンセロトニンは腸管で作られる

「実は腸には約1億個もの神経細胞が集まっていて、もともと第二の脳とも言われているのです。更に『リラックスホルモン』とも呼ばれるセロトニンは9割以上が腸管で作られていることも重要です」 セロトニンはノルアドレナリンやドーパミンと共に「三大神経物質」とされ、不安やイライラを抑える働きがある。不足するとうつ病や不眠症を引き起こすとも言われ、腸内環境は善玉菌20%、悪玉菌10%、日和見菌70%という割合が良好だが、この基準値より悪玉菌が増えたりすると、セロトニンの不足を引き起こしてしまう。 「現在、腸が作り出すセロトニンが脳の活動に影響を与えていると完全に証明されているわけではないのですが、多くの専門家が精神状態を相当に左右しているだろうと考えています。実際、今回の調査でも腸内環境が悪い人ほど落ち込みや不安、疲労感の増加を訴えていますし、内向的な性格の遠因になっている可能性さえ浮き彫りになりました」 せっかく受験や就活で夢を叶えたとしても、新しい環境になじめないと「五月病」になってしまうことはよく知られている。だが、これも腸内環境が影響を与えているかもしれないのだ。 「4、5月は寒暖差が大きく、気圧も低下傾向を示します。これは自律神経を乱れさせ、腸内環境の悪化を引き起こすことも珍しくありません。実際、春に便秘になることは多く、メンタルヘルスが低下する可能性は高い。むしろ寒暖差が少なく、高気圧で安定するという腸にとっての理想的な時期は9、10、11月と、2、3月の合計5か月ぐらいです。残りの7か月は、いつ五月病になってもおかしくないのです」
ストレスと原因となる完璧主義こそ腸内環境の敵

当然ながら気候を人間の力で変えることはできない。となると、少しでも腸内環境を改善できる食事が重要になってくる。 「重要なのは発酵食品と食物繊維を摂取することで、例えばヨーグルトとキウイは理想的な組みあわせの1つです。ヨーグルトは『菌が生きたまま届く』と明記しているタイプを選ぶのもひとつですね」 キウイは1個でバナナ2本分の食物繊維がある。ニュージーランド産は春から初夏にかけて旬ともされ、今後は店頭に多く並ぶ。 「調理も簡単で、気軽に食べることができます。とはいうものの、どれほど体にいい食材でも、無理して食べるとストレスを生み、腸内環境を悪化させてしまいます。自分にとって美味しく食べられる発酵食品と食物繊維を探すのが一番ですね」  便秘外来で多くの患者に接する小林教授は「何よりもストレスの原因となる完璧主義が腸内環境の敵」と言う。  「便秘で悩む患者さんは完璧主義の人が多いんです。だから便秘を治すポイントは逆説的ですが、『便秘が完璧に治るのは諦めてもらう』ことなんです。『便秘を治さなければならない』『腸内環境をよくしなければならない』という『何々をしなければならない』と考えることほど、腸内環境を悪化させることはありません。無理のない計画を立てられる人、見切りをつけるのが上手な人は腸内環境が良好である可能性が高く、安定したメンタルヘルスで自分の能力を発揮できやすいのです」  "断腸の思い"とは、ご存じの通り、辛く悲しい思いのことを言う。入試や就活、愛する異性への告白でそんな目に遭わないためにも、腸内環境に気を配るのは大切なことなのだ。
引用元:Livedoor

↑ PAGE TOP