腸内フローラ.com|腸も加齢と共に衰弱していく、免疫が弱くなる問題

腸内フローラ.com | 腸も加齢と共に衰弱していく、免疫が弱くなる問題

内視鏡検査結果を年齢別に比較

英国イースト・アングリア大学医学を中心としたグループが検証、英国食品研究所が2015年5月21日に紹介している。 研究グループは、加齢に伴い腸管がどのように変化し、それが健康とどのように関わっているのかを知るために、健常ボランティアを対象に調べた。 大学病院に来院したさまざまな年齢の腸を通常の内視鏡検査により比較した。
IL-6の分泌が増加

年齢を重ねた腸では、インターロイキン6(IL-6)と呼ばれる免疫をコントロールする炎症に関係したタンパク質が増えていた。免疫系の細胞がインターロイキン6を放出して炎症を引き起こす。慢性的に悪性度の低い炎症が起こってくるわけだ。 さらに詳細に調べると、インターロイキン6濃度が増えると腸の壁からの漏れが起こりやすくなっていた。研究グループは、微生物に反応が鈍くなり、感染症にかかりやすくなると指摘している。 このインターロイキン6の分泌の仕組みを調べると、腸の老化がさらによく分かるようだ。 腸内フローラ、腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)という観点からも腸の健康は関心を集めている。どうするとより健康になるか、継続的に注目されそうだ。
文献情報
How our gut changes across the life course. http://www.ifr.ac.uk/news/latest-news/2015/05/how-our-gut-changes-across-life-course/
引用元:Medエッジ

↑ PAGE TOP